パソコンわかばくらぶ
会員の作品集 わかばくらぶからのお知らせ
ホーム >プレスリリース・パブリシティ > 朝日新聞−人・ひと
わかばくらぶメニュー
設立にあたって
パソコンわかばくらぶを立ち上げた理由を説明しています。

パソコンわかばくらぶ概要
パソコンわかばくらぶの概要を説明しています。

事業内容
パソコンわかばくらぶの事業内容を説明しています。

講座案内
毎月の講座案内をご紹介します。

サポーター募集
パソコンわかばくらぶのサポーターを募集しています。わかばくらぶをお手伝いしてくださる方大歓迎です。

パソコンわかばくらぶ活動日記
パソコンわかばくらぶのブログです。最新の活動状況を随時掲載しています。

わかばくらぶ関連記事
パソコンわかばくらぶが過去に新聞等に掲載されました。

ステップアップ講座
講座以外の情報を掲載しています。ぜひステップアップ講座でパソコンをより使いこなしてみてください。

わかばくらぶからのお知らせ


朝日新聞−人・ひと

シニアのIT学習支援 パソコンわかばくらぶ代表 小林 里加さん(37)
高校生加え世代間交流

 シニアのIT学習支援する団体「パソコンわかばくらぶ」(静岡市)の代表をつとめる。パソコンを通じ、地域や行政、学校などを巻き込んだ幅広い活動を目指している。
 今月、市と協力して小学校で情報モラル教育の授業を開いた。ホームページに掲載する情報や書き込みなどを不特定の人が見るインターネット情報の危険性を学ぶ内容だ。
 高校生向けには、静岡商業高校や静岡中央高校の生徒たちに、シニア向けのパソコン講座の企画や運営をやってもらった。企画を通して考える力を養い、講座では世代間交流を楽しめる「一石二鳥」の取り組みだ。
 ケーブルテレビ局を退社し、県立大の大学院で経営やマーケティングを学んでいた00年、「自分たちで何かやってみたいね」と後輩と話したのがきっかけだった。当時増えていたパソコン講座の需要に注目した。話が持ち上がってから2ヶ月で、市視聴覚センターと共同で第1回の講座を開いた。御殿場市から浜松市まで、県内各地から受講希望が殺到した。
 現在、会員やサポーターは約70人。パソコンを教えたり、企画を考えたり。子育てや家事と両立している会員も多い。「家庭を大事にしながらも社会と接点を持っていたい」という女性たちが活躍する。「みんながファミリーという感覚。思いやりを持って仕事をしていきたい」(竹田麻衣)
(平成18年12月16日朝日新聞より)

上へ戻る

ページに掲載された記事・写真等の無断転用を禁じます。
Copyright(c) 2002-20.PC WAKABA CLUB.All rights reserved.